« 2016年3月 | トップページ

2017年6月

2017年6月29日 (木)

二つの夢壊し

先日、三重大の瀬戸先生の講演を聞いてきました。

『思春期の子供たちにどうかかわるか』というテーマでした。

講演後に、「思春期が長くなっているのでは?」という質問をしてみました。

私自身が、子どもの発達段階に時間がかかり、これまでの発達論で想定している年齢よりも、実際にその発達段階に達したり、抜け出すのが遅くなっている感覚があり、先生がどう考えているか質問してみました。

その返答は、「同じ意見です」というものでした。

その回答の続きとして、思春期を抜け出すために、二つの夢壊しが必要だが、

それがなかなかできないとのこと。

二つの夢壊しとは、子どもの時に抱いていた夢(サッカー選手になりたいとか)と

親が子供に抱く夢(子供にこんな仕事について欲しい。とかこんな大人になって欲しいとか)

この二つの夢を壊して、現実的なキャリア選択をすることで

思春期を抜け、大人になっていくそう。

まさに、学生達が陥っている状態だと激しく同感しました。

特に、親が子供に抱く夢を壊すのが最近は大変です。

壊さないように選択した就職先だと、入社してからも社会人になり切れないために

3年で3割の離職率に繋がってしまうのとだ感じました。

子どもの幸せは親が押しつけるものではありません。

自分の夢を子どもに押し付けないようにご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

ブログがなかなか書けません

前の書き込みは、2016年3月。1年以上も経ってしまいました。

やはり、未だにガラケーなのがいけないのでしょうか・・・

今年も大学生の就職活動は山を越えました。

教え子たちも嬉しい内定報告を続々とくれました。

超売り手市場と呼ばれる環境なので、比較的楽な就活になっていますが、

就活で学生の志向というか、性格というか、根っこのところが表れます。

それがそのまま社会人になってからも出てしまうのだろうなあと楽しみと不安を感じてしまいます。

就活で高い目標を持って、最後まであきらめずに挑戦し続ける学生と

早々と内定をもらったら、あっさりとそこで決めてしまう学生。

第一志望だったらいいんじゃないのと思うものの、

そう自分に言い聞かせて妥協している学生も結構います。

就活で殻を破れると、社会人でも活躍できる可能性は高まるので、

就活をそういう機会にして欲しいのですが・・・・

今年一番のあきらめない子は、未だにアナウンサーを目指して

全国の地方テレビ局のアナウンサー試験をうけまくっています。

思いが通じることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ