« 2014年2月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月

2014年5月20日 (火)

国際バカロレア

偶然、本屋で出会ったのが、

「世界で生きるチカラ---国際バカロレアが子どもたちを強くする 」

という本。

学生の育成を考えていて、世界で生きるチカラというタイトルに惹かれて購入しました。

それまで国際バカロレアという教育機関のことは全く知りませんでしたが、子供を育てるという本質を考えれば当たり前のことをきちんとやっている教育機関であり、書いてあることは私が実際にやっていることでもあります。

その本の中で教師は、知識を教えるのではなく、学ぶことを教える

「学びのファシリテーター」と呼んでいます。

正解のない、変化の激しい時代の中で、過去の知識や情報をどれだけ教えても、現実に使えるかどうかわかりません。であるなら、学び方、生きていく方法を教えて自分で見つけていってもらう。

その通り!私が大学の授業でやっていることも同じです。

文部科学省も従来の教育の問題点を掴んでいるようで、文部科学省のサイトの中でも国際バカロレアについて紹介しています。認定校も200校まで増やすという方針も立てています。

http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/

どんどん日本の教育が変わって欲しいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

ザ・ヤングアメリカンズ

「ザ・ヤングアメリカンズ」とは、

http://jibunmirai.com/ya/ya/outline.html

じぶん未来クラブというNPOが、アメリカから日本に導入した教育プログラムです。

じぶん未来クラブと接点があって、興味はあったのですが、

5月30日~6月1日に、四日市で開催されることになり、

目の前でどんなものか見ることができると思っていたら、

娘が参加することになりました。楽しみです。

私になりに価値を感じているのは、

「インターナショナル」「自己の解放」という二つの観点です。

小さい時から海外との接点、つまり外国人と接する機会が多いと、

社会人になった時に、海外で働くことに対して拒否反応が少ないという調査結果がありました。

ある面、当たり前の話ですが、今の新入社員で日本の枠を超えて働かないといけないことは、

解っていながら、実際に自分が海外赴任するかというと、生活の不安、コミュニケーションの不安から、

二の足を踏んでしまうのが現状です。海外で働くことは今の若者の将来を考えれば避けては通れないことです。

であれば、少しでも早くから、慣れておくことが必要だと思っています。

日本人は、奥ゆかしさや、我慢することが美徳されているからか、

自分の感情を率直に外に出すことはあまり得意では無いと思っています。

それが通用したのは日本の中でやってこれたから、これからは違います。

自分の内面を自由に開放してみる、そんな体験を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年7月 »